• ホーム
  • 中古ドメインをツールで調査しよう!

中古ドメインをツールで調査しよう!

パソコンの前にいる男性

SEO対策として中古のドメインを活用している人は多いと思います。
また、サイト運営を始めるに当たって中古ドメインの導入を考えている人もいるのではないでしょうか。
中古ドメインは専門の販売サイトを利用して購入する事になるのですが、この販売サイト自体も一つのSEOツールになっていると言えます。

よく知られているように、中古ドメインを使った場合にはオールドドメインの効力を新たに立ち上げるウェブページに引き継がせる事が出来ます。
なぜなら、検索エンジンや外部サイトにはまだ以前のコンテンツのインデックスやリンクが残されているためです。

また、中古ドメインには過去の運用歴があるという点も魅力です。
検索エンジンはそのサイトがどれくらい長く運用されているかという事も評価の基準に加えています。
ですから、より長い運用歴のあるドメインを選べば、スタート地点でより有利な場所に立つ事が出来る訳です。

しかし、中古ドメインの中には価値のあるものもあればそうでないものもあり、購入時には十分に調査をする必要があります。
中古ドメインの調査方法として最も手軽なやり方としては、中古ドメインの販売サイトに表示されているドメインのパワーランクを基準にする方法があります。

中古ドメインの販売サイトでは、それぞれ独自の調査に基づくランキングをそれぞれのドメインごとに決めています。
カテゴリーごとに現在どんなドメインの価値が高いのかを一覧出来るため、購入時にはそのランキングを参考にして選べば良い事になります。

また、過去にどんなコンテンツが運用されていたのかをより詳しく調査したい時には、インターネットアーカイブ等を利用すると良いです。
インターネットアーカイブでは過去のコンテンツを実際に表示する事が出来るので、より安全なドメインを選びたい時にはこちらも利用すると良いでしょう。

SEO面を考えた時に、中古ドメインの選び方としては、ドメイン名自体を基準にする選び方よりも、被リンクの状態等をチェックして質の高いドメインを選ぶ方がベターです。
とくに、過去にペナルティを受けているかどうかは重要な基準となるので、こうした点も考慮に入れる必要があります。

過去のペナルティの有無を調べるツールとしては、Googleのサーチコンソールがあります。
サーチコンソールにドメイン名を入力してみて、手動ペナルティのところに警告メッセージがでていれば、そのドメインは過去にペナルティを受けた履歴があるという事が分かります。
中古ドメインを選ぶ際には、このようにいくつかのツールを組み合わせて使ってみると良いでしょう。