• ホーム
  • 被リンクをチェックする目的とポイント

被リンクをチェックする目的とポイント

被リンクチェックルールはいくつかあり、Googleのサーチコンソールにもサイトに張られているリンク元のページを一覧出来る機能が付属しています。こうしたツールを利用する事は、SEOやマーケティングの面でとても効果的です。というのは、次のような点がポイントになっているからです。

まず一つは、リンク元のコンテンツをチェックする事でGoogleからペナルティを受けるリスクを避けられる点です。

Googleの検索エンジンは、公序良俗に反するサイトやスパムサイトにはペナルティを与える仕組みになっています。こうしたサイトは検索上位に表示されなくなる他、場合によってはインデックス自体が削除されてしまう事もあります。また、それと関連のあるサイトも同様にペナルティを受けてしまう可能性があります。

中古ドメインを購入する時などは、必ず被リンクチェックツールを使ってリンク元のコンテンツに関しても確認をかけるようにしましょう。リンク元のコンテンツが怪しげな場合には、Googleのリンク拒否ツールを利用して被リンクを受け付けないようにする事が出来ます。

また、もう一点ポイントとなる事として、被リンクの状態を調べた結果をマーケティングに活かせるという点が挙げられます。ネット上の情報は口コミによって広がって行きますから、有名なサイトからのリンクが貼られていれば、それだけ多くのユーザーに自サイトの情報が伝わる事になります。次々にサイトが紹介されるようになれば、検索順位も上昇してきます。

つまり、被リンクを確認する事で自分の打ったSEO対策に効果があったかどうかが分かる訳です。もし、想定していたサイトとは違ったサイトからリンクが貼られているような場合には、目的としているターゲットに合わせてコンテンツを改善して行く必要があると言えます。

SEOを目的としている時には、サイトをただ更新するだけでなくユーザーに合わせてコンテンツを改善していくという事が欠かせません。既存の記事であっても、リライトをする事で想定していたユーザーに適切な情報を届けられるようになる場合があります。

検索順位での上位を目指すためには、被リンクの質も問題となってきます。被リンク数を増やす事ももちろん大切なのですが、もしも不必要なサイトからのリンクが貼られてしまった場合には、こうしたリンクについては機会を見て整理してしまうと良いでしょう。その際にも被リンクチェックツールを活用する事が有効になってきます。